目がテン【接着剤の選び方!底が剥がれた革靴・折れたファスナー(金属)】

所さんの目がテン!
スポンサーリンク

2020年9月27日に放送された所さんの目がテン!で接着剤の選び方についてが紹介されました。

神戸芸術工科大学の野口先生です。

 

スポンサーリンク

接着剤の選び方!

接着後の使用する環境を想像すること、屋内や屋外使う用途によって考えることが重要。

底が剥がれた革靴

野口先生がおすすめなのは

セメダインスーパーXG、変性シリコーン接着剤

 

①靴の両面に塗ります。

接着剤は接着するモノとモノの間を濡らすことでくっつきます。

そのため、両面に塗ることで接着力がアップ

 

②塗り終えたらしばらく放置する(1分ほど)

※空気中や接着面のわずかな水分に反応することで固まる

 

③貼り合わせる

1分ほど空気に触れさせたら貼り合わせます。

 

④24時間放置する

接着剤には2つの硬化時間があるそうです。

・動かなくなるまでの時間→まだ完全には固まっていない

・強度が出るまでの時間→使って問題がない強度まで固まった状態

(どの接着剤も共通して24時間ほど)

接着剤は完全に固まるまでにまるまる1日かかる

 

折れたファスナー(金属)

野口先生おすすめは金属と相性抜群の瞬間接着剤

ピンポインターゼリー状 ロックタイト 協力瞬間接着剤

 

出しすぎると固まるのが遅くなり上手く接着できない

瞬間接着剤の最適な量は、10円玉の面積に対して1滴

 

野口先生の選んだ瞬間接着剤は横のサイドボタンで接着剤の出す量を調節出来るので

接着するものの大きさに合わせて適量をぬれます。

つける者同士の面で塗り広げます。

瞬間接着剤はすぐに固まる

24時間たったら接着完了!

 

割れた花瓶

陶器と相性バツグンで水に強い接着剤

ボンド 金属ガラス陶磁器 90分で硬化開始

2つの液を混ぜ合わせることで硬く固まるものエポキシ系接着剤といわれています。

 

欠けた陶器に接着剤を塗っていき24時間後、水を入れてみると漏れていません。

木工用接着剤の正しい使い方!

木工用接着剤だけで椅子を作ります。

①やすりがけ

手の脂やほこりを除去するためにやすりをかけます→接着剤がなじみやすくなる。

接着面積を増やすことができます。

目が粗い120番のものを使用

 

②接着剤の塗り方

接地面なのでしっかり均一に塗ります。

乾く前に接着します。

 

③圧着した状態で乾燥させる

強い圧力を欠けて接着

番組では挟んで固定できるクランプを使いましたが

家庭で圧着する場合ひもで強く結んで固定したり重しを乗せるといいそうです

 

まとめ

所さんの目がテン!で紹介された接着剤の選び方についてまとめました!

接着剤の箱に書いてある接着時間が接着完成の時間だと思っていましたが、24時間置いておかないと完全にくっつかないのですね。

 

だから、しっかりくっつかなかったんだと、納得してしまいました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました