ヒルナンデス【野菜の保存法!レタス・キャベツ・ジャガイモ】

夏野菜 ヒルナンデス
スポンサーリンク

2020年9月14日に放送されたヒルナンデスで野菜の保存法が紹介されました!

残暑のこの時期ならではの保存方法を教えてくれましたよ。

スポンサーリンク

野菜の保存法

レタス

レタスの芯の部分に小麦粉を塗る!

 

レタスは芯から水分が多く逃げていきます。

厚めに小麦粉を塗って、レタスの芯を覆ってあげるといいそうです。

これで、レタスの芯に小麦粉が入り込み、水分が外に出るのを防ぎシャキシャキ感をキープ!

※ 片栗粉でもOK

 

レタスをポリ袋で包んで芯が下になるよううに野菜室に入れます。

芯の部分から水分が抜けることがなくなるのでみずみずしさをキープしてくれます。

約2週間美味しさをキープ

キャベツ

炒めものなどで使って半分余った時、冷蔵で美味しく長持ちさせる方法!

 

切り口にたくさん水分がついているが、これを放置していると黒ずんできます。

この黒ずみは「雑菌」

水分を軽くキッチンペーパーで拭き取り、ペーパーを切り口に被せて覆います。

切り口を下にしてビニール袋に入れて冷蔵庫に入れます。

 

切り口を下にして保存することで

切り口の水分をペーパーが吸い取り雑菌の繁殖を押さえて長持ちします。

 

じゃがいも

ジャガイモはそのまま常温で保存しても長持ちしますが、今の時期は気温が高いので、外に出しておくと、すぐに芽がでたり、傷んでしまうそうです。

 

野菜室で保存!

ジャガイモを新聞紙にくるみポリ袋にいれ、野菜室にいれるだけで長期保存できます。

野菜室の温度は約7度

そのまま入れてしまうと冷えすぎて痛みの原因になります。

新聞紙に包んで、冷気を防いで野菜室で保存すると成長を止める温度になり、長期保存が出来ます。

 

3週間、4週間たっても状態をキープできるそうです!

まとめ

ヒルナンデスで紹介された野菜の保存法についてまとめました。

じゃがいもは今の時期、野菜室に入れておいた方がいいのですね。

外に出していました汗

これから新聞にくるんで野菜室に入れます!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました