ゲンキの時間【手ばかり法のやり方!必要な栄養を簡単に計る方法】

沖縄料理 ゲンキの時間
スポンサーリンク

2020年9月13日に放送されたゲンキの時間で現代型栄養失調について放送されました!

 

しっかり食べて、カロリーも摂取しているのに、身体の不調を感じてしまうのは、今増加している「現代型栄養失調」かも?!

 

栄養や食事が足りているのか、計る方法とチョいたしするといい食材が紹介されました。

スポンサーリンク

手ばかり法のやり方

横浜市立大学附属病院の日暮琢磨先生が教えてくれました。

手ばかり法

自分の手をものさしにして

1食に摂る栄養や食事の量を計る方法

基本は3食

主菜、副菜をバランス良く摂るのに役立ちます。

 

主食ご飯 握りこぶし1つ分

主菜 肉・魚 片手1枚分 厚さは自分の手のひらの側面分くらい

副菜 生野菜 両手1杯 (加熱野菜は片手1杯)

 

野菜は両手一杯食べていない方が多い、それを主食であるご飯や麺などの炭水化物で補っているのでは?!

量を守って食べ過ぎを防ぐことができます。

 

ちょい足し法

栄養が足りてない食事にちょい足しする方法も紹介されました!

 

朝食

バナナとハムエッグをちょい足し

タンパク質は朝も採った方がいい

 

昼食

野菜ジュース、人参サラダをちょい足し

 

夕食

味付け海苔、海藻サラダをちょい足し

 

デザート

ナッツ類、ヨーグルトをちょい足し

 

カルシウム摂取におすすめ食材が豆腐!

木綿豆腐は絹ごし豆腐よりもカルシウムが3倍に

木綿は水分を絞って作る分、栄養が凝縮しているそうです。

リスクチェック

①甘いものでイライラが収まる気がする

②野菜中心の食事をしている

③ダイエットやリバウンドを繰り返している

④シミ・しわが目立つ

⑤めまいや立ちくらみを起こす

 

この5項目のうち1つでもあてはまると、リスクがあるそうです。

現代型栄養失調

しっかり食べているつもりでも、栄養が足りていない。

栄養が不足すると体調の不調をおこしてしまいます。

タンパク質不足

お肉を控えめにしていると、タンパク質不足になります。

タンパク質が不足すると抜け毛や爪が割れたりします。

細胞を構成する成分がタンパク質、不足すると筋肉量が減少し、身体が衰えてしまう

脂質不足

肉や魚をあまり食べない、油もノンオイルの食事を続けていると、脂質不足に。

体のエネルギー源

脂質は脂溶性ビタミンの吸収を助ける役割も

肩こり、冷え性、シミ

カルシウム不足

カルシウム不足

骨粗鬆症

まとめ

ゲンキの時間で紹介されたで紹介された現代型栄養失調についてまとめました。

野菜をたっぷりとっていても栄養不足になってしまうのですね。

炭水化物や肉もバランス良く摂らないと、身体に不調が出てきてしまうことがわかりました。

 

手ばかり法、やってみようと思います!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました