ガッテン【玉ねぎを10秒で内と外を分ける方法!アボカド式分解法のやり方!】

ガッテン!
スポンサーリンク

2020年10月21日に放送されたガッテンで玉ねぎについてが紹介されました!

スポンサーリンク

玉ねぎの分解のやり方!

番組では一瞬にしてパッと分解するやり方が紹介されました!

教えてくれたのは、東京台東区にある野菜専門の和食店のご主人、河原 潤治さんです。

河原 潤治さんのアボカド式・玉ねぎの分解のやり方

アボカドに似ていると気がついた河原さん。

玉ねぎの芯を、アボカドのタネにみたてた方法です。

①玉ねぎの両端を落とす

②刃を入れてたまねぎを一周

③するとスポッと分解できました。

外の皮もつるんつるんとむけてしまいます。

 

ガッテンボーイの房くんのやり方

①玉ねぎの頭とおしりを切り落としお尻の面を上にして置きます。

②刃先を芯(=中心の円)のすぐそばに当てる

③親指を使ってまっすぐ下に切り落とす

④反対側も同じく芯のギリギリまで刃を入れます。

⑤アボカドのようにくりくりひねると・・・分解できます。

⑥中の芯たまも手でスポンと取り出せます。

 

この方法だったら、玉ねぎをまな板に乗せて切るので、包丁使うのがちょっとヘタでも安全ですね。

芯たま丸ごと蒸しの作り方!

レンジ600wで2~2分半加熱します。

味付けなしでもおいしいとのこと。

 

玉ねぎの芯(中)の部分は甘い

芯たまねぎの部分はは芽を出すので糖を蓄えている。

 

たまねぎは内側と外側で違う個性を持っているのです。

玉ねぎの健康成分を逃さないための調理法!

血液サラサラ成分を逃さないテクニック!

玉ねぎをスライスして水にさらすのはNGです。

健康効果が期待出来る成分は水溶性、水にさらすだけでその多くが流れ出てしまうそうです。

 

玉ねぎスライスの場合

①繊維を断ち切る方向に玉ねぎを薄く切ります。

②フライパン全体に広げてフタをします

③強火で30秒加熱

④火を消してフタをしたまま1分10秒待つ

⑤冷蔵庫で10分以上冷やしたら玉ねぎスライスの出来上がり

健康成分たっぷり、味も濃厚、辛味も気にならないそうです。

 

玉ねぎをしっかり加熱する場合

野菜炒めなど玉ねぎをしっかり加熱する料理の場合でしたら、

切ってから15分以上放置してから加熱すると血液さらさら成分が多くできるとのこと。

まとめ

ガッテンで紹介されたたまねぎについてまとめました。

玉ねぎの芯と外側の違いを知ることができました。

そして、アボカド式のむき方だったらびっくりするくらい簡単にむけちゃいますね。

芯たまねぎ蒸し、食べてみたいです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました