ホンマでっかTV【視力をよくする回復治療・人工眼球】目の最新情報!

ホンマでっかTV
スポンサーリンク

2020年8月12日放送のホンマでっかTVで目の最新情報について紹介されました。

スポンサーリンク

失明してしまった人のため目を人工で作れる?

視力を失った人のために目を作ってしまう、人工眼球

ガラスで作った半球状のものに、電子回路を3Dプリンターで印刷している

仕組み的にはデジタルカメラと同じで

光を感知して電気刺激に変えて、電気信号を目の神経に送る。

 

伊本貴士先生(AI・IoT)によると

まだ、試作中だが失明した方でもどこに光があるかわかる段階とのこと。

視力をよくする最新の治療

眼評論家の林田康隆先生によると

コンタクトレンズのようなレンズを目の中に埋め込む治療がある。

 

矯正力の幅が広く、入れたら入れっぱなし半永久的にもつそうです。

度数が変わった時は手術をして取り除くことができる。

21歳~50歳くらいまでの年齢制限があるとのこと。

 

木や緑のものを見ると目が良くなる?

 

永瀬廉さんから「昔、木や緑のものを見ると目が良くなると聞いたけど本当ですか?」と質問

眼評論家の林田康隆先生によると

緑をみようと思うと山を見る(遠くにあるもの)

緑を見ようと遠くに支店を合わせることは効果的なんだそうです。

 

まとめ

ホンマでっかTVで紹介されたに目の最新情報についてまとめました。

 

コンタクトレンズを目の中に埋め込む方法には、ちょっと怖くて引いてしまいました。

 

調べてみたら、指原莉乃さんもこのコンタクトレンズを入れていました。

費用は50~60万円

コンタクトレンズ10年分の費用だそうです。

毎日、コンタクトレンズを入れることを思えば、手間も省けていいのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました