ホンマでっかTV【日サロで免疫力はアップする?太陽の光との違いは?】

ホンマでっかTV
スポンサーリンク

2020年8月5日放送のホンマでっかTVでいつも日サロで焼いているというみちょぱさんから、太陽の光と日サロの光の紫外線は違うのか質問がありました。

 

そこで、太陽の光と日サロの光の違いや、日サロで免疫力アップになるのか解説されました。

スポンサーリンク

太陽の光と日サロの光の違いは?

梶本先生によると・・・

実は太陽の光と、日サロの光は全く違います!

 

太陽の光からくる紫外線はUVAUVBもあります。

日焼けマシンはUVBがほとんどないとのこと。

 

UVA→ 表皮だけじゃなく肌の奥まで浸透

UVB→ 日焼けの主な原因 肌表面にダメージ

 

日サロでも免疫力アップする?

日光浴をすると免疫力が上がるとよくいいますが

それはUVBがビタミンDを合成するからなんです。

 

一方でUVBはヤケドのように腫れたり、赤くなったりするので

日サロのマシンはあえてUVBを3%以下にカットしています。

 

日サロの機種によってはUVBがほぼ入っておらず

免疫力に関係するビタミンDが作られにくいそうです。

 

よって

日サロのマシンでは免疫力は上がらない!とのこと。

まとめ

ホンマでっかTVで紹介された日サロでも免疫力アップするのかについてまとめました!

 

太陽の光はUVAとUVBがあって

日サロのマシンはUVBがほとんどない

UVBはビタミンDを合成するので免疫力がアップするので、日サロは免疫力アップにはならないということですね。

 

日サロは肌にトラブルがないようにUVBを入れてないのですね。

免疫力アップにはならないかもしれないけど、肌が赤くなったり皮がむけたりするのは嫌なので、焼くなら日サロの方がいいかな?と思っちゃいます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました