ゲンキの時間【味覚異常の原因は舌磨き・亜鉛不足!簡単チェック方法も】

ゲンキの時間
スポンサーリンク

2020年10月11日のゲンキの時間で味覚異常の原因について放送されました!

舌をはじめとした口のなかには味蕾(みらい)という味の細胞の塊があって

ここで食べ物の味を完治し、その情報が神経を通り脳に送られるため味を感じるそうです。

 

一つの味蕾のなかに甘味、塩味、酸味、苦味、旨味のすべてを感じる細胞が存在しているんだとか。

味蕾の機能が低下すると、調味帳を増やしたり、濃い味にして塩や砂糖を摂りすぎると健康にも悪影響を及ぼしてしまうそうです。

 

味覚異常の原因について紹介されました。

スポンサーリンク

味覚障害の原因

 

舌磨き

味蕾は繊細なので舌磨きでゴシゴシこすると、味蕾が傷つく可能性があります。

舌の汚れが気になる方は舌専用の歯ブラシを使うようにしましょう。

 

ある程度ザラザラした舌が健康の証なんだとか。

亜鉛不足

体の新陳代謝に欠かせない必須ミネラルです。

 

味を感知するときにも使われています。l

亜鉛が不足すると味蕾の機能が低下して味覚障害に陥るそうです。

 

亜鉛は体内で作られないので食事で摂取するしかありません。

 

またインスタント食品や加工食品を多く食べると亜鉛不足になる。

一部の加工食品には亜鉛の吸収をブロックするフィチン酸が入っているものが多い。

※一部のインスタント食品や加工食品に含まれている場合がある

増粘剤、結着剤などと表記されることが多い

 

これを多量に食べると亜鉛をいくら摂っても吸収されなくなってしまうそうです。

 

味覚障害は治るまでに時間がかかる

番組で紹介された味覚障害に陥った男性が味覚をとりもどしたきっかけは結婚

結婚して奥様の手料理を食べ続けていたら改善されたそうです。

 

亜鉛不足による味覚障害の主な症状

味覚減退 味を感じにくい

味覚消失 まったく味を感じない

自発性異常味覚 口の中に何も入ってないのに味を感じる

解離性味覚障害 ある特定の味だけ感じない

異味症 本来と異なる味を感じる

悪味症 何を食べても嫌な味がする

 

実は亜鉛は全世代で不足気味だそうです。

積極的に亜鉛を含む食品を摂って欲しいとのこと。

 

亜鉛を多く含む食品

肉類 牛肉・レバー

乳製品 チーズ

魚介類 カキ、カニ、うなぎ

海藻類 わかめ、ひじき、海苔

その他 ごま

 

辛いものを食べすぎると味覚異常になる?

辛さは味のなかに入っていなくて「痛さ」

辛さの刺激を痛みをとして感知するそうです。

 

辛いものを過剰にとると味蕾にダメージを与えるとのこと。

辛いものの食べ過ぎは注意が必要です。

辛いものを食べる時はこまめに水分補給して、口の中に辛味成分を長く滞在させないことが大切

加齢

味蕾の数は歳とともに衰えるそうです。

 

ガムをかむと

唾液が分泌されるので加齢による味覚の低下を防ぐとのこと。

唾液量の低下→味蕾が使われない→味蕾の機能低下になるので

唾液を出すことで味蕾の機能を維持につながるそうです。

簡単味覚チェック方法

 

水100mlに砂糖1gを混ぜます。

ティースプーン1杯分を口に含み砂糖の甘みがわかれば問題なし!

 

家族みんなで試してみたいですね。

 

まとめ

ゲンキの時間で紹介された味覚障害についてまとめました。

多くの味覚異常は初期段階ではわかりにくい、もし気になるようだったら近くの耳鼻咽喉科で相談したら良いそうです。

 

ひどい鼻風邪をひいた時、一時的に味覚異常になったことがありますが・・・

食べ物の味がしないのはホント辛いです。

味覚障害にならないためにバランスの良い食生活をすることが大切ですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました