ヒルナンデス【HADO(ハドー)に富田望生さんが挑戦!最新ARスポーツ】

ヒルナンデス
スポンサーリンク

2020年9月10日に放送されたヒルナンデスで最新スポーツHADOが紹介されました!

富田望生さん大女優への道・ソーシャルディスタンススポーツに挑戦します。

スポンサーリンク

最新スポーツHADO

HADOとは

「HADO」日本発祥のARスポーツです。

ARとは拡張現実、現実ではできないワザを繰りだすことが可能となります。

そのARとスポーツをかけ合わせたのが「HADO(ハドー)」です。

 

頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して

相手の頭にある的に向けてエナジーボールを打ち合う競技です。

 

自分の手でだしたエナジーボールやシールドを駆使して、仲間と連携して対戦することができます。

2015年に日本で誕生し、その競技人数は、世界中で広まっていて、日に日に増加しているとのこと。

HADOはなぜ誕生した?

HADO開発元の代表、福田浩士さんが幼い頃からドラゴンボールのかめはめ波にあこがれていたそうです。

 

福田さんは、脱サラして技術者を集めて1年半でHADOを開発し、幼い頃の夢を実現したそうです。

HADOの競技のやり方

ゴーグルの中にiPhoneが入っている

腕にはiPod touch

そのセンサーによりプレーヤーの位置を把握できるとのこと。

 

プレーヤーによってボールスピードなどを変えられるので誰でもできます。

①エナジーボールを打つ

デバイスを地面と垂直にあげてエネルギーをチャージ

まっすぐ前に振るとエナジーボールをうつくことが出来る

相手のライフを撃ち抜けば1ポイント獲得

 

②防御

デバイスを真下におろしてエネルギーチャージします。

チャージが完了したら腕を振り上げてシールドを張ります。

シールドを張る場所、タイミングが勝負を分けるそうです。

 

③避け練

エナジーボールを避ける練習

頭のデバイスの位置に反応するので、頭の位置を動かしてボールを避けます。

 

実戦形式にトライ

桐山くんと望生ちゃんが対戦します。

桐山くんが勝利!

結構な運動量でした。

HADO日本一チームと対戦

3年連続Wカップ優勝、普段は一般企業に務めるサラリーマンの2人に桐山くんと望生ちゃんが挑戦します。

9対2で日本一チームが勝ちました!

 

HADOはどこで出来る?

HADOのお試し体験会もやっているようです。

興味がある方はチェックしてみてくださいね。

HADO

 

まとめ

ヒルナンデスで紹介された最新スポーツHADOについてまとめました。

 

思ったより運動量が多かったです。

やりはじめたら夢中になりそうですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました