ハナタカ【餃子の作り方!皮のモチモチ感を保つコツと美味しく焼く手順を紹介!】

餃子 ハナタカ
スポンサーリンク

2020年9月10日に放送されたハナタカで美味しい餃子を作るマル秘テクニックが紹介されました!

教えてくれたのは、人気の餃子専門店・餃子マニア品川本店の店長・井上辰俊さんです。

スポンサーリンク

美味しい餃子の作り方

美味しい餃子の皮の作り方

皮の原料は主に小麦粉、市販のものと手作りのものは水分量が違う!

専門店のものは水分量が多いのでモチモチする。

 

家でも作れる皮の作り方を紹介してくれました!

【皮の作り方】

強力粉300g、お湯150ml、塩3g

※お湯のほうがコシがでてモチモチする

 

それを混ぜて3分ほどで練り上げる

生地の塊になったらラップをして30分程寝かせます。

あとはちぎって伸ばすだけですが・・・

皮を手作りしたらできるだけ焼く前に皮を伸ばします。

 

餃子のひき肉に何を入れたらジューシーになる?

 

あんに入れるお肉は豚の挽肉ですが

小さめに切った、豚バラ肉を入れるとジューシーになる!

赤身のひき肉に豚バラ肉を20%ほど入れるといいとのこと。

 

日本で売っているひき肉は脂身が少ないので、それだけを使うとジューシーにならないそうです。

 

ぎょうざの具を混ぜるときの注意点

肉を混ぜ合わせる時に注意するポイントがあります。

手の温度に注意すること。

なるべくなら冷やしながらヘラを使って混ぜたほうが良い。

白っぽく粘りが出てきたら野菜などをいれます。

キャベツはひと手間かけるべし!

キャベツをシャキシャキにする方法は

塩もみして水分を抜くと、食べた時の食感と味が大違い

 

あんの作り方

 

赤身のひき肉と豚バラを20%ほど混ぜて味付け

塩、こしょう、醤油、砂糖、オイスターソース

入れる野菜は、キャベツとニラを加えて冷やしながら混ぜます。

 

餃子の包み方!

①皮の中心に具をのせ半分に折る

②端をつまんでくっつけ均等にひだを作る

③両端を折りたたんで肉汁がこぼれないようにします。

 

生餃子を冷凍する時は?

餃子の下や上に片栗粉をしいてから冷凍します。

乾燥するのをふせげます。

凍ったら一度、冷凍庫から出してバラバラにしてジッパー袋などに入れて冷凍保存します。

 

餃子を美味しく焼く順番

①油をひく

②餃子を並べる

③火をつける

の順番です!

焦げるのを防ぐため

 

並べたらすぐ、差し湯(40~50℃)をします。

コツはまわりではなく餃子にかけること。

 

最後に追い油をかけます。

専門店ではネギ油をかけるとのこと。

ネギ油の作り方

ネギの青い捨ててしまう部分をボウルに入れて

熱々の油をかけるだけ!

香りも良くて美味しさが引き立つそうです。

 

まとめ

ハナタカで紹介されたおいしい餃子の作り方についてまとめました。

さすが専門店ですね。

マネしたくなるコツがたくさんありました。

 

とりあえず、今度餃子作るときは皮から作ってみようと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました