あさイチ【速歩き法・運動不足・便秘解消!青栁幸利先生が紹介】

汗 あさイチ
スポンサーリンク

2020年6月29日放送のあさイチで運動不足には毎日“速歩き法について紹介されました!

 

東京都健康長寿医療センター研究所医学博士の青栁幸利先生が教えてくれました。

スポンサーリンク

毎日“速歩き”

今は健康的な体型の先生ですが、実は2年半前は血液検査の結果が悪かったそうです。

危機感を持った先生は”速歩き”を3ヶ月続け

結果体重は5kg、ウエストは5cmダウン、すべての数値も正常になったとのこと。

運動不足には毎日“速歩き法

 

1日8000歩、速歩き20分

仕事帰りに速歩き30分かけて歩くそうです。

 

8000歩が難しい人は

7000歩 15分でも

5000歩7.5分でもOK

雨の日や体調がすぐれない日もありますが、一週間平均で帳尻合わせすればいいそうです。

 

連続20分するとダイエットが期待出来るとのこと。

1日の合計20分でも病気の予防になるんだとか。

 

運動不足には“速歩き”やり方

・大股で歩く

・背筋を伸ばす

・膝を伸ばしてかかとから着地するとけがの予防になるとのこと。

 

1ヶ月2ヶ月ほどで効果がでるそうです。

 

目安は心拍数

220-年齢×0.6~0.7

 

年齢ごとの心拍数(1分間)

20歳 120~140

30歳 114~133

40歳 108~126

50歳 102~119

60歳 96~113

70歳 90~105

 

歩いているときの感覚でいうと歩き始めて3分くらいで

息があがって会話ができなければペースを下げる

歌えるくらいだったらペースを上げる

 

”速歩き”の代わりになる中強度の運動

暑い夏は長時間外で歩きたくないという方には他の方法もあります。

 

・自転車

・子供・ペットと遊ぶ

・階段をのぼる

・庭の手入れ、草むしり

こんな運動でも

息があがる程度(中強度の運動)で効果があるそうです。

 

テレビをみながらスクワットやももを高くあげて足踏みをするのもOK

 

速歩きの後は乳酸菌飲料で便秘解消!

速歩きのような中強度の運動をすると腸を外から刺激排便を促します。

 

また、乳酸菌飲料を飲むと腸を通過する時に作り出す乳酸が腸の動きを内側から活発にします。

 

腸の外側と内側両方からダブルで便秘解消の効果があるんだとか。

 

飲み物に限らず、ヨーグルトなどでもOK

運動の後に摂るのがコツ!

 

まとめ

あさイチで紹介された運動不足には毎日“速歩き法についてまとめました!

 

ウオーキングはお金もかからず、自分の好きなタイミングで出来るところにメリットがありますよね。

運動後に乳酸菌飲料を摂ることで、便秘解消までできちゃうなんて、いいことずくめですね。

 

一人で歩く時、周りに誰もいなければマスクを外して、水分補給をして熱中症にならないように気をつけてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました