ゲンキの時間・池谷先生の4つの習慣!人参りんごジュース・ゾンビ体操】

運動 世界一受けたい授業

2020年6月21日放送のゲンキの時間でについて紹介されました!

58歳なのに血管年齢28歳

見た目も血管年齢も若い池谷先生の健康の秘訣が紹介されました。

スポンサーリンク

池谷先生の4つの習慣

朝起きて光をみる

 

ストレスを軽減するセロトニンは陽の光を浴びると分泌が促されるそうです。

ガラス越しに光を浴びるだけでもいいそうです。

 

そして、セロトニンの分泌にはリズミカルな運動、

人や動物とのふれあいグルーミングがセロトニンの分泌に役立つそうです。

 

ペットがいない方には「ゾンビ体操」がおすすめ

 

【ゾンビ体操】

①下半身はそのままでジョギング

②上半身は大げさに肩を振る

③お腹に力をいれて凹ませる

 

姿勢良くやること

日差しを浴びながら30秒その場でゾンビ体操15秒、歩きながらインターバル

 

朝食

【人参りんごジュース】

りんご1/2個

人参 1.5本

レモン 1/3個

オリーブオイル 小さじ1

ジューサーにかけます。

 

他にジュースと一緒にバナナとトマトも食べているそうです。

バナナとトマトにはGABAが含まれていて、イライラの原因となるホルモンを抑え、血管の健康にもおすすめ。

 

夕食のお刺身

夕食はお刺身を食べているそうでうs.

お刺身に含まれる

EPA→血液が固まるのを防ぐ

DHA→血液サラサラ効果

お刺身が残ったら、ホイル焼きにして汁まで頂くと栄養を余すことなく摂れるそうです。

 

なお昼食は

マカロニサラダ、冷凍プルコギ、サラダ3袋(カット野菜)

野菜をたっぷり野菜をたべておけば、夜お誘いがあって外食しても、1日を通じてバランスの良い食事を摂ることができるとのこと。

 

夜・寝ながらストレッチ

眠る前にストレッチをします。

寝トレッチ

ゲンキの時間で寝トレッチのやり方を池谷先生が紹介!
2020年6月21日放送のゲンキの時間で寝トレッチのやり方について紹介されました! 寝トレッチ 寝トレッチの効果の理由 寝ながらやるストレッチ、寝トレッチ 寝る前にストレッチをすることで良質な睡眠をとることができるとのこ...

 

 

 

まとめ

「ゲンキの時間」で紹介された循環器の名医、池谷先生の健康の秘訣についてまとめました。

池谷先生、若々しいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました